バイアグラジェネリックの正規品を通販で安全に購入する

次世代のED治療薬とアバナの特徴と評価他のED治療薬の良いところをまとめた薬

日本ではまだ処方されていない

ジェネリック医薬品が誕生している

次世代のED治療薬とアバナの特徴と評価

アバナ100mgを購入する
医薬品の世界では日々新しい薬や技術が開発されていますよね。

当然ながらED治療薬も日々新しいコンセプトの元に薬が開発されています。

新しく開発された最新のED治療薬として注目を浴びているのがステンドラと呼ばれている第4のED治療薬です。

主成分アバナフィルを含んだステンドラは【50mg、100mg、200mg】の3つに分けられていて他のED治療薬とは量の表記が違うので気をつけてください。

そんなステンドラの特徴としてはこれまでに誕生したED治療薬のいいところを組み合わせたような特徴を持っています。

というのはレビトラのような即効性とシアリスのような食事の影響を受けずにさらに副作用もすくないという点です。

作用時間はバイアグラと同等の4時間~5時間ほど効果を発揮します。

他のED治療薬の良いところを組み合わせたということでレビトラと同様に最短15分から効果を発揮しつつ食事の影響を受けないということで、ステンドラを使用するのは付き合いたてでいつベッドインするかどうか分からない状況で急にホテルに行くことになった際に食事をしてしまったという時に向いています。

レビトラの場合は食事の影響は若干受けやすくなっています。

ですからステンドラであれば食事の影響を受けないということで簡単に言えばレビトラの進化版のような感覚だと思ってください。

そんなステンドラはまだ日本では未承認の薬です。

未承認だとなんだか怖いなって思う人もいるかもしれませんが、バイアグラもレビトラもシアリスも海外で最初に発売されて日本では未承認でした。

そして承認される際に特に日本人の体型に改良されたというわけでもなくそのまま発売されています。

未承認だからと言っても別に不安に思うものではありません。ただ単に日本の医薬品の承認スピードが圧倒的に遅いからです。

事実ステンドラはお隣の韓国やアジア諸国、世界で発売されています。

さらに言うとステンドラは当初日本の製薬会社が開発しました。

主成分であるアバナフィルを日本の田辺三菱製薬が開発して2001年の2月に田辺三菱製薬がアメリカのVIVUS社(ヴィヴス)製薬に日本とアジアの一部を除いた全世界での開発や販売権を許諾したことによってヴィヴァス社が販売開発元となったのです。

アジア人向けに作られたと言われている主成分のアバナフィルですから安全に利用することが出来るのです。

しかも、ステンドラをわざわざ購入しないでももうステンドラのジェネリック医薬品が誕生しています。

ステンドラを購入しようと思ったらステンドラの100mg錠で1,500円かかりますが、ジェネリック医薬品として有名なアバナは1錠あたり870円で購入することが出来ます。

さらにまとめて購入すれば1錠あたり582円で購入できるので最新のED治療薬を試してみたいと思ったらまさにジェネリック医薬品のアバナはうってつけと言えるでしょう。

次世代のED治療薬と呼ばれているアバナを是非とも試してみてください。

特にレビトラを今まで使用していたという人は、アバナフィルを試してみる価値は十分にあると言えるでしょう。

効果時間 4時間~5時間
薬が効き始める時間 最短15分で効果を実感
食事の影響 食事の影響を受けづらく800kcal以内で脂質が30%以内
1錠あたりの値段 まとめて購入した場合582円、通常は870円
副作用 頭痛、ほてり、潮紅、顔面紅潮、めまい、動悸、吐き気、胃痛、消化不良