バイアグラジェネリックの正規品を通販で安全に購入する

レビトラとレビトラジェネリック医薬品について即効性に優れたED治療薬

最短20分から効果を発揮

第二世代のED治療薬

レビトラとレビトラジェネリック医薬品について

レビトラ20mgを購入する
レビトラはバイアグラの次に発売されたED治療薬としてドイツの大手製薬会社のバイエル株式会社から発売されました。

バイアグラが1998年にアメリカで誕生してからその5年後の2003年に発売されたのですが、やはりこのレビトラはバイアグラの次に誕生するとあって期待が高まっていた人も多いです。

バイアグラの次ということで第2世代のED治療薬とも呼ばれています。

そんなレビトラの特徴は何と言ってもバイアグラと比べると倍以上の持続時間があるということと、服用してからの即効性があるという点です。

服用してから最短15分から効果が現れ始めたという人もいるほどで大体平均すると20分から30分ほどで効果を発揮します。

そして持続作用時間もバイアグラの倍以上で最大10時間も効果を発揮します。

バイアグラの倍以上の持続時間を持ち、バイアグラの半分以下で効果を発揮するということで非常に利用しやすいというのもあります。

また食事の影響も多少なりとも受けづらくなっています。700kcal以内で脂質が30%以内で抑えれば薬の効果を実感することが出来ます。
※空腹時に服用したほうがより効果を実感しやすいです。

例えば急なベッドインになった時でも相手をシャワーに入らせている間に服用しておいて自分もシャワーを浴びたりしていざ性行為に入るとなったら薬の効果が効いてくるわけです。

なぜ即効性があるのかというとレビトラに含まれる主成分バルデナフィルは水溶性であり、非常に溶けやすい性質を持っているので胃の中ですぐに吸収されるのです。

このバルデナフィルの含有量によって3つの規格に分けられていて【5mg、10mg、20mg】となっています。

バイアグラとは表記が違いますので注意してください。バイアグラは【25mg、50mg、100mg】です。

レビトラは日本での2004年4月に承認されて6月から病院での処方がスタートしました。レビトラもかなり早い段階で承認されました。

そんなレビトラですが、病院でもレビトラ5mg錠はあまり主成分のバルデナフィルが含まれていないので効果が期待できませんので処方されることはありません。

主に処方されるのは最初はレビトラ10mg錠が基本で20mg錠は10mg錠が効果がなかった場合に処方されます。

基本的にアジア人の体型ならば10mg錠でも十分に効果を発揮すると言われています。

しかし、あえて安く済ませたいと思ったら20mg錠を購入するのをオススメします。

というのも10mg錠で効果を実感できるのであれば20mg錠を購入して2つに割ったほうが料金を抑えて服用することが出来ます。

レビトラの10mg錠の相場が約1,150円~1,400円で20mg錠が約1,250円~1,500円です。

20mg錠を半分にすれば約600円~800円程度に抑えることが出来るのでお得になります。

さらにレビトラのジェネリック医薬品を購入してジェネリックの20mg錠を購入して半分して活用すればかなりの節約になります。

ED治療薬は1錠だけではなくて長く使用していくことになるのでなるべく安く済ませられる節約していきましょう。

効果時間 最短15分から効果を発揮
薬が効き始める時間 レビトラ20mg錠で8時間~10時間
食事の影響 軽食ならば受けづらい700kcal以内で脂質が30%以内
1錠あたりの値段 まとめて購入した場合1,219円、通常は1,470円
副作用 顔の紅潮、ほてり、鼻づまり、目の充血、動悸、頭痛

バリフ20mg

バリフ20mg
バリフ20mgを購入する
バリフ20mgはレビトラのジェネリック医薬品として非常に有名で、インドの製薬会社アジャンタファーマ社(AjantaPharma)が製造・販売を行っています。

ただし、今現在レビトラジェネリックの製造は行われていません。

現状、製造し終えているもののみ販売されている状況です。

大手サイトでもどんどん売り切れが続出している状況ですのでもしレビトラのジェネリックを購入したいと思ったらお早めに購入してください。 バリフ20mg錠はまとめて購入すれば1錠あたり225円で通常は約300円です。 レビトラ10mgで効果を発揮する人は半分に割って使えば最も安く1錠あたり110円、つまりジュース1本程度で利用することが出来ます。 ぜひ早めにまとめて購入しておくことをオススメします。